デジタルサイネージの端末の入力は工夫次第で創造豊

デジタルサイネージの端末の入力は工夫次第で創造豊

デジタルサイネージの技術を利用したディスプレイの中には、タッチパネルによってユーザーが直接操作できるタイプの物があります。

ただし、ディスプレイからの情報と言うのは、タッチパネルしか出来ない訳では無く、様々な内容について情報を集める事が可能です。

デジタルサイネージがオススメです。

例えば、風速などもデジタル情報として扱えるため、風が強く吹く事によって風速計からデータを集め、そのデータに合う様な映像を配信する事も可能です。

海外では既に利用されていまして、地下鉄の駅において電車が入ってくるたびに、風にあおられる人物の映像を配信しています。気温もデジタル情報として扱えるため、デジタルサイネージの技術を利用すれば、外気温によって広告の内容を選び配信する事も可能です。

この場合は、飲食店で出す料理などについて外気温に合う様な広告を配信する事によって効果を期待する事が出来ます。

デジタルサイネージを利用するためのタッチパネル式ディスプレイと言うのは、人が実際に手に届き操作出来る場所に設置する事が一般的です。

ただし、スマートフォンが普及をしている中、ユーザーが持つスマートフォンから操作される映像を大型スクリーンに表示させる事も可能です。

これは、サプライズイベントなどの告白などにも利用が可能であり、ゲームなどを行なっている内容を多くの方に見てもらう事も可能です。



スマートフォンなどのGPS機能と併用すれば、ディスプレイに対してその人に合った特定の配信内容で情報を伝える事も可能です。

今までになかったYahoo!ニュースの情報サイトを利用して良かった。

Copyright (C) 2016 デジタルサイネージの端末の入力は工夫次第で創造豊 All Rights Reserved.